アメリカンホームシステムズジャパン株式会社
ログハウス
AHSJのログハウス
ハンドカットギャラリー
マシンカットギャラリー
ログハウスプラン例
ログハウス施工例
ログハウス建築現場
ログハウスQ&A
企業情報 
AHSJが考える木の家
免震アンカーボルト
円形住宅
   

AHSJのログハウス

ログハウスとは丸太を水平に積み上げて壁を作っていく(例外もあります)構法で、日本では正式には「丸太組構法」と呼ばれています。現代の建築構法のなかではかなり古典的な構法なのですが、大変強度に優れた構法で、中には何百年という時を経て現在もその姿を残しているログハウスもあります。日本の古い建築物のひとつである正倉院(校倉造)も造りはログハウスと同様で、その構造の強さを証明しています。強さだけでなく、自然素材そのもののログハウスは建築物としさままざまな素晴らしいメリットがあります。


ログハウスのメリット

 

森林浴効果

ログハウスは当然ながら木で出来ていますので良く云われる事ですが森林浴効果があります。木からはフィトンチッドと呼ばれる揮発性の物質が発散されています。フィトンチッドとはテルペン類と呼ばれる有機化合物で、それが揮発した状態のものを人が浴びることを森林浴といいます。このフィトンチッドは人をリラックスさせる効果だけでなく、抗菌防虫・消臭効果などの働きがあります。 ログハウスに住んで思いっきり癒されてください。 

調湿性

木は空気中の湿度が高いときには水分を取りこみ、空気が乾燥しているときには水分を発散するという特性を持っています。一般に人体に最適な湿度は60%といわれておりますが、木はその60%ぐらいの湿度を保とうとしてくれます。(分かりやすい例は、梅雨時でも家の中で洗濯物が良く乾きます。)湿度が高いとカビ・ダニ・結露などが発生しやすくなります。また湿度が低いと人の菌に対する抵抗力が弱くなり、病気にかかりやすい状況になってしまいます。 ログハウスは住む人の健康管理の一旦を担ってくれていると言っても過言ではないでしょう。 

断熱性

木の細胞は空気を含んだ小さな部屋のかたまりで出来ていて、その構造の特性により外気の温度を伝わりにくくしています。 木の断熱性はコンクリートの約12倍もあり、冬は室内の温かさを保ち、夏は外気からの熱を遮断してくれます。 ただし熱はログ壁以外の屋根・窓・床からも当然伝わってきますので、その断熱にも充分に気をつける必要があります。そのため当社では樹脂サッシまたは、ご予算が」許せば木製アルミクラッドの窓を使用します。もちろんいずれも2枚硝子である事は言うまでもありません。熱伝導率が高く結露を起こし易いアルミサッシは使用しません。 そして当社では早くから人と環境にやさしい羊毛断熱材に切り替えており、 肌に触れるとチクチクするイヤなグラスウールは使用していません。
 


ハンドカットログ


 
ハンドカットログは様々な種類の中で最も迫力があり男性的といえるのではないでしょうか。 手で皮をむき、チェーンソーでノッチ(ログの交差部分)に刻みを入れます。 ログを1本ずつ加工し、実際に一度壁を積み上げていきます。ほとんどの工程を手作業で行います。 積み上がってログ壁が完成したら、ばらしてコンテナに積み込まれ日本へ運ばれてくるのです。

カナダ材 (スプルース ダグラスファー ウエスタン・レッドシーダー パイン)
   

マシンカットログ

 
丸太を機械で製材したログをマシンカットログといいます。
材が均一なので、見た目がスッキリしており 設計自由度も高く住宅向きです。
セトリングが少ない・圧迫感が少ない・掃除がしやすい・等の特徴があり、現在日本でもっとも普及しているログハウスです。

フィンランド材 (パイン)  カナダ材 (ウエスタン・レッドシーダー)


角ログ


四角に製材されたログ。壁として積み上げるとすっきりと洗練された雰囲気となります。
主流はマシンカット発祥の地、フィンランドで製造されるパイン材の角ログです。

角ログ施工例はこちらから


タイコログ



小口が太鼓のような形をしていることから名づけられた太鼓ログです。
通常「背割り」という、割れが壁の側面に表れないための切れ目を上下のどちらかに入れます。

タイコログ施工例はこちらから
Dログ



木口の断面形状がアルファベットのDのカタチをしていることからこの名で呼ばれています。
外観は曲線をもち丸ログに似ていて、室内は平らな居住性の高い壁となります。

Dログ施工例はこちらから
ラミネートログ
(積層ログ)



ラミネート材はいわゆる集成材で、木表同士を接着させるのが基本。強度が高く、施工後のセトリング、割れ、ねじれなどが少ないといわれています。
 



 
ポストアンドビーム  
丸太や角材をPost(柱)やBeam(梁)として使い建築する構法をポストアンドビームといいます。
昔から日本になじみのあるいわゆる在来構法と同じ種類の構法です。ポストアンドビームは設計自由度が高く法的な規制にも対応し易い構法です。
また、丸太を横に積むログは男性的すぎてチョット・・・という方にはピッタリではないでしょうか。
   


お問い合わせはこちらから


 
PAGE TOP
Copyright 2004,American Home Systems Japan Co.,Ltd All right reserved.